マネー・ローンダリング等防止方針

農林中金バリューインベストメンツ株式会社(以下「当社」といいます。)は、マネー・ローンダリングおよびテロ資金供与等の金融サービスの濫用(以下「マネー・ローンダリング等」という。)防止を経営上の重要課題と位置付け、担当役員を選任のうえ、当社およびその役職員等が、マネー・ローンダリング等に関することの防止に取り組み、金融システムの健全な維持・発展に向け、マネー・ローンダリング等防止にかかるリスク管理態勢を高度化します。

グループ共通の基本方針

当社および農林中金グループは、適用となる全ての法令等を遵守し、顧客の受入れに際して堅確な確認措置等を図り、反社会的勢力やテロリスト等を排除し、リスクベース・アプローチによる継続的な顧客管理措置を実施します。また、当社および農林中金グループの特性に応じたマネー・ローンダリング等を防止する管理態勢を実効性のあるかたちで整備します。

リスクベース・アプローチ

当社は、マネー・ローンダリング等にかかるリスク要因の特定・評価を行い、これを踏まえた顧客毎のリスク(以下「マネロン等リスク」という。)の特定、評価に基づいた顧客管理を行います。

顧客管理の実施方針

当社は、マネー・ローンダリング等防止に関して、適切な内部態勢を整備し、リスクベース・アプローチの考え方に則り、以下の措置に取り組みます。

・顧客受入時における多様な情報を勘案した取引時確認、確認記録書の保存等の実施措置 ・業務特性を踏まえた取引モニタリング、疑わしい取引の届出とその分析・管理等、マネロン等リスク低減のための管理措置 ・マネロン等リスクの高い顧客に対する追加的な確認等の厳格な管理など、顧客毎におけるマネロン等リスクの大きさに応じた管理措置 ・全顧客取引の定期的な調査・分析結果等による顧客管理措置の見直し・適切な顧客管理が実施できない場合等における取引謝絶等の措置 ・テロリスト等に対する資産凍結等の措置 ・上記措置の継続的な管理、見直し

内部管理態勢の実施方針

当社は、マネー・ローンダリング等防止のための内部管理態勢の整備として、以下の措置に取り組みます。

・マネー・ローンダリング等防止のための方針・規定・計画の策定、実施、遵守状況の点検・検証、その結果を踏まえた継続的な態勢改善
・役職員への指導・研修等を通じた、マネー・ローンダリング等防止の重要性と各自の役割等についての周知ならびに企業風土の醸成
・統括管理者の選任
・顧客を所管する部署、監査部門等における役割の明確化
・その他必要な措置

以上

改正実施履歴
2016年 9月28日 制  定
2019年 4月 1日 全部改正

このウェブサイトは当社および当社の業務の概要をご紹介するためのものであり、特定のファンドへの出資、金融商品の取得又は投資顧問契約の締結の勧誘を目的としたものではありません。当社はお客さまを投資運用業を行う法人のみに限定させていただいております。また、国・地域によりウェブサイトによる情報の配信が法令により規制されていることがありますので、掲載情報を閲覧される場合には法規制の内容を十分理解し、遵守していただくようお願い致します。なお、このウェブサイト及び掲載情報は米国の方に利用していただくことを意図したものではありません。
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2811号 加入協会 一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会