デリバティブ取引等に係る投資を管理する方法について

デリバティブ取引等に関するリスク管理方法について公募の投資信託財産に関しましては、デリバティブ取引等を行う場合には、デリバティブ取引等を含めた投資資産の変動等により想定される損失が純資産総額を超えることとならないようにするためにリスク管理を行います

ヘッジ目的のためのみにデリバティブ取引等の投資指図を行う場合には、以下の(1)から(2)の方法のうちいずれかを選択してリスク管理を行います。また、ヘッジ目的以外でデリバティブ取引等の投資指図を行う場合には、以下の(2)を選択してリスク管理を行います。

  • (1)簡便法

    各デリバティブ取引等の想定元本が投資信託財産の純資産総額を超えないように管理します。

  • (2)標準的方式

    金融商品取引業者に対する自己資本比率規制(金融庁告示第59号「金融商品取引業者の市場リスク相当額、取引先リスク相当額及び基礎的リスク相当額の算出の基準等を定める件」を指します。)の標準的方式の市場リスク相当額の算出方法を参考に用いたリスク量が、投資信託財産の純資産総額の80%以内となるよう管理します。

以上

このウェブサイトは当社および当社の業務の概要をご紹介するためのものであり、特定のファンドへの出資、金融商品の取得又は投資顧問契約の締結の勧誘を目的としたものではありません。当社はお客さまを投資運用業を行う法人のみに限定させていただいております。また、国・地域によりウェブサイトによる情報の配信が法令により規制されていることがありますので、掲載情報を閲覧される場合には法規制の内容を十分理解し、遵守していただくようお願い致します。なお、このウェブサイト及び掲載情報は米国の方に利用していただくことを意図したものではありません。
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2811号 加入協会 一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会